一括見積もり出来る比較サイトで一番安い車の保険を探そう!

FrontPage

自動車保険の更新は見直し時期!!



画像の説明


車を運転する人のほとんどが加入しているのが、自動車保険の「任意保険」です。


よく最近では、「安さ」「速さ」などと売りにしている通販のテレビCMやラジオが、増えています。


「自分の保険も見直さなくてはいけないな~!」

と、考えている人も多いのでは・・・



特に、無事故を続けていて、自動車保険を利用する機会が、

全くない人や車を何台も所有していて高額の保険料を払っている人は

尚更「保険料を安くならないものか?」と思っているはずです。



以外に、初めて契約した時には、車の購入先であるディラーから、

「これがオススメですよ」と言われた「おすすめプラン」に加入して、

そもまま更新を重ねていることがままあります。



それって、代理店の言いなりプランなわけですが、

それがあなたにとっての本当にベストな自動車保険のないようなのか?

慎重に検討する必要があるのでは・・・・



知らずに損をしていることがない様に、

当サイトをご活用して頂きたいこと思います。

勿論、ただ保険料を安くすれば良いという物ではありません。

しっかりとした保証を準備することが最優先です。


その上で、保険料をなるべく安く済ませれば、

良いのではないと思います。


車の事故はいつ、どこで、どんな形で起こるか

誰にもわかりません。


そうした、万一の時の為に、しっかりとした保証を準備することが重要です。



それを踏まえ、保険料をなるべく安くすませるには、

有効な割引制度を活用したり、必要のない特典を外すなど

打つべき手はいろいろあります。


逆に、保険料コストを下げることを優先して、必要な保障やサービスを削ってしまえば、

万一のときに役にたたない、下手な保険になりかねません。


非常に注意が必要です。


自分にはどんな保険が必要で、どんな保険はいらないのか?

正しく判断することです。


それには、「損害の大きさ」と「起こる確率」を考えることが必要になってきます。

自分が抱えている色々なリスクを考えて見てください。


いろいろ考えてみると、

身の回りには多くの不安や心配事・危険が身の回りに多くあることに気がつきます。


そのリスクを「損害の大きさ」と「発生の確率」で、考えてみると、4つに分てます。

1 保険が必要

2 保険があったほうが良い

3 保険が必要かを検討すべき

4 保険はいらない


この中で、2と3について、

保険に加入するかを慎重に検討しなくてはいけないのです


自分にとって、必要な保険か、そうでないか、を判断するには、

支払う保険料に対して、最大の効果が得られるようにすること。

保険の上手な入り方」と「保険の上手な利用法」が、

ポイントになってきます。

当サイトでは、このポイントを重点的に説明して、

自動車保険の賢い加入方法を載せています。

例えば、

車のドライバーのリスクを考えてみると、

運転中に人身事故を起こすリスクは、

2の保険があったほうが良いになります


人身事故を起こす確率は、極めて低いです。


しかし、もしも事故で人を死亡させてしまったら、

その損害はとてつもなく大きなものとなります。

強制加入の自動車損害賠償責任保険自賠責保険保険)では、

支払える賠償金額に限度があるので、このリスクについて、

自動車保険対人賠償保険に加入しておくべきでしょう。


自動車保険は、

1.他人への「賠償責任保険」

2.自分がケガをした場合の「傷害保険」

3.自分の車のための「車両保険



と3つの保険で構成されています。


これら保険に特約(オプション)を付けるといった具合です。


必要不可欠な「対人・対物賠償責任保険」


自動車保険に加入する一番の目的は、

“賠償責任”を補償するためです。


他人を死傷させた場合の対人賠償責任保険、

他人の物を壊してしまった場合の対物賠償責任保険がその役割です。


対人事故の場合に使う自賠責保険は(強制保険)は「対人賠償」のみで、

補償額はケガで120万円、死亡で3,000万円と上限が決まっています。


自賠責保険では足りない場合に、

対人賠償責任保険から支払われることになります。


また自賠責保険には「対物賠償」がないので、

他人の物を壊してしまった場合には

対物賠償責任保険でカバーします。


賠償額が数十万円であれば大事にはなりませんが、

数千万円、数億円になることもあります。


死亡事故の統計では、

賠償金額が4,000万円超1億円までが4割近くもあり

(損害保険料率算出機構 平成23年度の事業概況より)、

保険金額の設定は「無制限」が必須でしょう。


結論

保険金額の設定は「無制限」が必須。


「人身傷害保険」でケガの補償をカバー


人身傷害保険は

対人・対物賠償責任保険のような他人のための補償ではなく、

「自分や自分の家族のため」の補償です。


事故で死傷した場合に、

過失割合に関係なく実際にかかった治療費や働けない間の収入、

精神的損害などが支払われます。


人身傷害保険は契約した金額を上限に、

実際の損害額が支払われる仕組みで、

特に仕事ができない間の休業損害の補償や

精神的損害の補償は特長的です。


また入院が長引いたり、

後遺傷害により長期にわたる治療が

必要になったりした場合に力を発揮します。


ケガや死亡で支払われる保険であるため、

生命保険や医療保険と同様の機能があると言えますが、

交通事故による長期の治療や後遺傷害に

備えることを目的として加入します。


保険金額は保険料と相談のうえ、

3,000万円~5,000万円の範囲で検討してみましょう。


結論

3,000万円~5,000万円の範囲で設定する。



また、一方「マイカーを車庫入れに失敗して傷をつけてしまうリスク」に
ついてはどうでしょう。


車を使う頻度は低くないけど、運転があまり上手でないなら、

その確率は高くなるでしょう。


もし、その時の車が、ベンツやBMWなどの高級車なら、

損害額が小さくないため

1の保険が必要となります。

一般的な車なら、3の保険を検討するとなります

つまり、車両保険の加入は、支払う保険料に見合うもので判断します。


このように、「損害の大きさ」「確率の高低」「コスト対効果」

のバランスを考えて、保険に頼ったほうが良いのかを、

判断したリスクについてだけ保険に加入をすることです。


保険料を安くしたいのなら、

コスト対効果の高い保証だけに絞り込む必要があります。


リスクは常に変わるものです。


いまのリスクや心配事は、3年後、5年後に抱えているリスクとでは、

おそらく中身も大きさも違ってくるのは当たり前です。


故に、自分の置かれている今を、定期的にリスクを見直し、

それに伴い保険の内容も検討する必要があります。

一度加入していまえば、

後は安心というわけには行かないと、

覚えておいてください。


● わずか5分で、あなたの自動車保険の見直しができます。


無料一括見積りはこちらから↓↓↓


是非 ご活用下さい!!



自動車保険の節約は特約を利用しよう

PR5SEOサーチ PR4SEOサーチ SEOだねへ!自動相互リンク集 ジャンボ宝くじ購入代行サービス 自動リンク集でSEOだよ 相互リンク 無料 無料相互リンク All Japan 検索エンジン! 検索エンジンLucySearch サイトの新規登録106 趣味ランキング

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional