一括見積もり出来る比較サイトで一番安い車の保険を探そう!

セカンドカー割引

セカンドカー割引


セカンドカー割引は、ノンフリート等級が11等級以上で、

要件を満たした用途・車種の車であれば、

2台目以降の契約をまったくの新規で入るよりも

1等級有利に加入できる制度のことです。


初めて自動車保険に契約する場合、

原則としてノンフリート等級は6等級(A)~(E)になりますが、

セカンドカー割引を使うと、2台目以降の自動車保険

7等級(A)~(E)が適用されることになります。


どれだけオトクかは保険会社や年齢条件によって違いますが、

一般的には、ドライバーが全員26歳以上の場合(26歳以上補償)は30%割引に、

高校を卒業したばかりの18歳の子供が運転する場合(年齢を問わず補償)

であっても20%安くなります。


画像の説明


セカンドカー割引自動車保険や自動車共済を

取り扱っている保険会社・共済であれば、

おおむね活用できる制度です。


1台目と異なる保険会社などで2台目を契約した場合でも、

2台目を契約したところに申告をすることで、

セカンドカー割引は使えます。忘れずに活用したいものですね。


ちなみに、セカンドカー割引の適用要件の中には、

<2台目契約の記名被保険者および車の所有者>に関する項目があります。


一般的には、2台目以降のクルマの所有者及び保険契約の名義人(記名被保険者)が

1台目とまったく同じで、かつ個人でなければいけないとなっています。


1台目の車の所有者および記名被保険者が父親であれば、

息子のために買った2台目の車の名義も、保険の名義も、

父親にしなければいけないことになります。


しかし最近では、

1台目の車両所有者及び記名被保険者と同居している親族(配偶者、子など)で、

かつ個人であれば、セカンドカー割引を適用できるとする保険会社が

国内損保・外資系損保を問わず増えています。


将来、子供に名義を変更する予定がある場合は、

契約先の保険会社・共済に確認をとり、

子供名義でセカンドカー割引が使えるのであれば、

はじめから子供名義で契約しておくほうがいいでしょう。


powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional