一括見積もり出来る比較サイトで一番安い車の保険を探そう!

一括見積もり デメリット

一括見積もり デメリット


一括見積もりは確かに便利ではあるけれど、そればかりとは限りません。


それは同じ補償の種類・金額であっても、

補償範囲や条件が異なっているという点がわからないということである。


このため、完全に同一条件での見積もりができないことが多く、

正確な「一括見積り」とはいえない面がある。


さらに、自動車保険一括見積サイトといっても、

その場で保険料の金額はわからず、後日見積書が郵送で送られてくるだけという見積取次ぎ的な会社も多く、

その場ですぐに保険料を知りたいと思っても、見積書が届くのを待たなければこともある。


しかし、見積条件の入力が一度ですむため、

「少ない手間で、とりあえずパンフレット」が欲しいというような方には最適である。


一括見積りサイトを利用する際に注意すべき点として、

一括見積サイトによっては、利用するとセールスマンが自動車保険どころか、

生命保険などのセールスの連絡(電話や訪問)をしてくることもあることである。


それを知らずに気軽にあちこちの一括見積りサイトを利用して驚くことがある。


自動車保険の保険料の安さだけではなく、しっかりと内容も比較検討!


自動車保険一括見積サイトを実際に利用してみると、

ダイレクト自動車保険と一口に言ってもかなりの保険料の差があることに驚かされる。


保険料が安い会社はサービス面で落とし穴がないかじっくり比較し、

逆に保険料が高い保険会社があれば、

その理由が自分の価値観で判断して納得いくものなのか検討したい。


保険料の高い安いだけではなく、

万が一の際の事故対応やロードサービスの違いも検討して自動車保険を選ぶことをおすすめする。


そうすれば、きっと自分の価値観にあった自動車保険を選ぶことができる。


「何のために自動車保険に自分は入るのか」ということを再度考えてみよう。


自動車保険一括見積サイトでの見積もりに必要なもの

・車検証

(車の型式と年式がわかれば不要)

・現在加入の保険証券

(初めて自動車保険に加入する方は不要・現在加入の方は満期日と等級がわかれば不要)

・免許証の色

(免許の色によって保険料が異なる会社がある)


powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional