一括見積もり出来る比較サイトで一番安い車の保険を探そう!

保険会社は事実だけを重視する

保険会社は事実だけを重視する

実際には、保険金は支払われるかどうかは、

第一報だけで判断をされるわけではないのです。


保険会社はあくまで、事故証明や医師の診断書など、

事実関係の証拠書類が揃った上で、判断するからです。


入院であれば、診断書にどう書かれているか、

とても重要な証拠書類となります。


入院の理由が、事故なのか?病気なのか?


保険に加入する前から発症していたものか?

いろいろ問われます。


すなわち、告知義務違反でないかという点。


例えば、

頭痛がするので、病院に行き、当然医師から

「いつからその症状がありましたか?」と聞かれます。


その時に、

「実は以前から時々頭痛がしていて、

別の病院では、血圧が高いと言われたこともあります」

と答えたとすると、


医師は聞いたことその話を診断書に書きます。


自動車事故で入院することになり、

保険金を請求しようと、診断書を保険会社に提出した・・・

すると、保険会社から、

「この症状は既に事故以前から発症していたのもで、

告知義務違反になるのでは?」

と疑われてしまいます。


以前からの頭痛が、今回の入院とは直接因果関係がなかったとしてもです。


保険会社は、スムーズに支払われるためには、

事実と関係のないよけいな情報を保険会社に伝えてはいけません。


事実を整理して、その中から必要な事柄だけを、

正確に保険会社に伝えることが重要です。



● わずか5分で、12社の保険会社と比較ができます。

この機会に、あなたの自動車保険の見直しをしましょう。


無料一括見積りはこちらから↓↓↓


是非 ご活用下さい!!

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional