一括見積もり出来る比較サイトで一番安い車の保険を探そう!

損害保険金を受け取る時の注意点

損害保険金を受け取る時の注意点


自動車事故での、保険金の受取に関する注意点などが幾つかあります。


ここで、まとめて紹介をしておきます。


 「格落ち損害」


自動車事故に遭ったために、車を下取りに出す時に評価額が、

下がってしまうということです。


いわゆる「格落ち損害」のことです。


これは、基本的に認められない損害の一つです。


ただし、新車で走行距離が極めて少ない上に、明らかに格落ち損害が、

証明できるときに限り、ごく希に認められるケースです。


それでも、保険金の上乗せ額は、修理代の10%程度です。


裁判例でも、格落ち損害は簡単に認められないので、


保険会社との交渉は容易では愛でしょう。


 「休車損害・代車損害」


タクシーや運送業を営んでいるときは、

事故で営業者が使えない期間に本来得られたであろう利益額が、

「休車損害」として認められます。


その額は、過去3ヶ月間にどれだけの売上があったか、

あるいは、ガソリン代などのコストがかかったなどの

根拠に基づいて算定されます。


請求者は、その証拠となるものを用意しなくてはいけません。


また、車を修理・買い替えをする時には、

レンタカーなどを利用した場合には、

「代車損害」が認められます。


これは、営業車には限りません。


レジャーや通勤などの目的でも認めらるケースもあり、

明確な理由が必要です。


保険会社も慎重な対応をします。


「損害拡大の防止義務」が対象になるために、

お互いに過失が生じる場合は、基本的には認められません。


ただし、相手の過失割合が、80から90%と、

一方的に大きく、台車がないと損害を与えると認められる場合は、

台車費の過失割合分だけ、認められます。


これも、交渉は容易でなく、プロの助けが必要となるでしょう。


また、代車の必要性は事故が起きた時点で速やかに

主張しなくてはいけません。


 「休業損害」


事故によるケガなどが元で、仕事ができない、

出社できない、通院のために有給休暇を使ったなどという時には、

「休業損害」が、発生します。


この休業損害を請求するときのポイントは、

まず、金額の算定は、過去数ヶ月間の収入状況などに、

基づいて確認されるので、それを証明する書類などを準備すること。


そして、休業期間が、何日間となるかは、

医師が就業不能期間をいつまで認定するのかで、

大きく関わってきます。


休業補償をきちんと認められるには、

痛みがあれば、我慢せずに病院へ行き、

仕事が差し障りがあることを医師にきちんと

伝えることが大切です。


無理をせず2、3日は休む様にしてください。

事故による症状は、後になって出てくるものです。



● わずか5分で、12社の保険会社と比較ができます。

この機会に、あなたの自動車保険の見直しをしましょう。


無料一括見積りはこちらから↓↓↓


是非 ご活用下さい!!

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional