一括見積もり出来る比較サイトで一番安い車の保険を探そう!

自動車事故でのポイントは「過失割合」

自動車事故でのポイントは「過失割合」



画像の説明

死亡や入院を取り扱う生命保険は保険金をいくら払うのかは、

比較的にわかりやすいのですが、損害保険となると、とても複雑です。


自動車事故では、すべてのドライバーに、

「安全運転注意義務」が課せられるため、運転する以上は,

出来るだけ事故の発生を回避しなくてはいけません。


もし、事故が起きた時には、いくら相手の責任が大きくても、

実際には被害者であるこちらも前方不注意などの過失が問われます。


こちらに全く落ち度がなく過失割合0、相手の過失割合100となる

いわゆる「0:100」は、次のケースしかありません。


1 相手に追突された場合

信号待ちの停車中に、後ろから追突されたあ。

または、運転中でも、後方から追突された時


2 相手のセンターラインオーバー


3 相手の赤信号無視


4 止めていた車をぶつけられたとき

一般的にブレーキを踏んだ場合など

一時的な停車は完全停車とは認められない。


対人・対物 のいずれであっても、

自動車事故であれば、この過失割合がどう判断されるかが、

保険金の支払いに大きく関わってきます。


「判例タイムズ」という法律の専門雑誌が、ありここに載っている

民事交通訴訟における過失相殺率の認定基準」という別冊資料が、

損害保険会社で使われています


保険会社は、この中から最も類似しているケースを選んで、

個々の事故の「過失割合」を、判断する材料にしています。


この判例はあくまでモデルケースだから、

実際の事故に当てはめるには、この過失割合に、

「修正票素」を加味しなくてはいけません。


例えば、

信号機がなく、想法の道路幅が同じくらいの交差点で、

追突事故を起きたとします。


この時、原則的には、左側となる車の方が優先となります。



そして、どちらも原則をせずに衝突したのなら、

過失割合は、左側が40%、右側が60%となります。


しかし、

右側だけが減速していたら、

過失割合は、左側が60%、右側が40%と、逆転します。


その為、事故を起こした時には、

「ウインカーを点灯したか?」

「スピードを出しすぎていなかったか?」

「一時停止は行ったか?」


といった、自分と相手の状況に関する情報をできるだけ細かく

正確に保険会社や代理店に伝えることで、

自分にとって有利な修正要素を主張することです。


逆に言えば、情報が少ないと保険会社は、

相手と示談交渉するうえで、有利に立てなくなります。



● わずか5分で、12社の保険会社と比較ができます。

この機会に、あなたの自動車保険の見直しをしましょう。


無料一括見積りはこちらから↓↓↓


是非 ご活用下さい!!

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional