一括見積もり出来る比較サイトで一番安い車の保険を探そう!

自動車保険の保険料を下げる方法

自動車保険の保険料を下げる方法


保険料を下げるには、

大きく分けて5つの方法があります。


箇条書きすると、


1.『免責金額』で下げる

2.『車両保険』で下げる

3.『走行距離』で下げる

4.『運転者限定条件』で下げる

5.『年齢条件』で下げる

6.『一括見積もり』で下げる


となります。それぞれ説明します。


1.『免責金額』で下げる


免責金額というのは、

「事故が起きた時、保険会社が責任を取らなくていい金額」のこと。


簡単に言うと「自分が負担する金額」です。


例えば「免金額=10万円」の契約を結んでいた場合は、

10万円分の事故までは、自分で全額を払うということになります。


そして、10万円を超える修理費などが発生したら、

その「超えた分だけ」を保険会社に支払ってもらうことになります。


修理費が25万円だった場合には

「10万円=自分」「15万円=保険会社」となります。


免責金額(自己負担)が大きくなればなるほど、

保険会社のリスクは小さくなるので、

その分、月々の保険料も安くすることが出来ます。


2.『車両保険』で下げる


車両保険は「車両が損傷した時のための保険」のこと。


交通事故がその適用例の代表ですが、火災や地震などの災害によるものも含まれます。


車両保険は下の3タイプに分類されることが多いです。


1.上級タイプ

2.一般タイプ

3.エコノミータイプ


上から順に補償が手厚くなる代わりに保険料が高くなります。


保険料の安さを重視するのであれば、

エコノミータイプを選ぶといいでしょう。


また、年式が古いなど「車両価値の低い車」の場合は、

事故を起こした時も修理するより買い換えた方がいいため、

あえて車両保険を外してしまうというのも一つの手段です。


3.『走行距離』で下げる


走行距離が短ければ短いほど、事故の確率は当然低くなります。


そのため、走行距離が短い車両に対しては、

保険料を安くするという会社が多いです。


これを活かして、

自分の車の年間の走行距離が大体わかっているようであれば、

その範囲で割引が効く保険会社を選ぶといいでしょう。


これも「1000km単位」など、

出来るだけ細かく区分されている保険を選ぶのが有利です。


細かい分、自分の走行距離に

一番合った無駄のない設定に出来るからです。


4.『運転者限定条件』で下げる


その車を運転する人が限定されている場合は、

保険の対象もその人に限定することで、保険料が安くなります。


安い順に、


・本人のみ

・夫婦のみ

・家族のみ

・限定なし(友人など他人も可能)


となります。


もちろん、こうした限定条件を設けている場合でも、

他の人が運転することは可能です。


ただ、「その人が事故を起こした時」は、

補償の対象にはならないので、事故を起こさないように注意が必要です。


5.『年齢条件』で下げる


これは「運転する人の年齢」を定めるものです。


例えば「30歳以上限定」だった場合には、

29歳の方が事故を起こした場合、

保険会社は補償をしなくてよくなります。


年齢が上に上がれば上がるほど事故を起こしにくくなるので、

年齢条件が高めに設定されているほど、保険料は安くなります。


6.『一括見積もり』で下げる


人にもよりますが、

一般的に、これが一番大幅に下げられる方法です。


私もネット上の一括見積もりによって、

以前加入していた保険よりも数万円安くすることに成功しましたが、

そうした例は山のようにあります。


ネットの一括見積もりは入力もさほど手間はかからないので、

今の保険の満期が近づいている方は、

試しに見積もりをしてみるといいでしょう。



「価格.com」なら、

車検証や自動車保険証券、免許証を用意して入力し、

最短5分の無料一括見積もりで、

自分にぴったりの保険が見つかります。


今よりも、ずっと安くて

補償内容が充実した保険に出会えるかもしれません。

なかには無料一括見積りで5万円以上安くなるケースも!


【日本最大級の価格比較サイト「価格.com」がおくる自動車保険比較です!

分かりにくく面倒な自動車保険を最短5分で簡単一発比較!


無料見積もりはコチラ↓↓↓

【価格.com】自動車保険を徹底比較!


自動車保険を払い過ぎないための注意点


保険料を払い過ぎない為に重要なこと


■契約時


・完璧な補償を求めない(無駄な補償は極力省く)

・親の保険がある場合、それを受け継ぐ


■加入中


・定期的な見直しを行う(家族の年齢の変化などと共に)


■満期時


・今の保険に満足していても、他社の一括見積もりも取ってみる


というものです。


それぞれ説明していきます。


■契約時 ~完璧な補償を求めない(無駄な補償は極力省く)~


完璧を求めないというのは、

保険料を安くする上で最も重要なことだと思います。


例えば免責金額(事故時の自己負担額)を大きくすれば、

保険料は安くなります。


しかし、その分その金額の範囲内の事故だったら、

すべて保険会社ではなく、自分で負担することになります。


「保険料が安くなる」というメリットは必ず手に入るものの、

「いざ事故を起こした時の自己負担」というデメリットもあるわけです。


ですが、これは免責金額を設定することにリスクがあるというわけではなく、

万事が万事このように、メリットとデメリットがある、ということなのです。


当然ですが、自分は一切リスクも保険料の負担もせず、

いざという時の補償だけを求める、などということは出来ません。


必ずどこかで割りきらないといけないのです。


この「割り切り」が自動車保険では重要だと思っています。


自動車保険で一番重要なのは、例えば事故で人を死亡させてしまった時など、

「最悪の事態」に対する補償です。


それ以外の「自力で何とかなる事態」であれば、最悪起きてしまっても、

自力で解決できるわけですから「絶対に必要な補償」ではないのです。


こう考えると、保険を選ぶ時の思考がとてもシンプルになり、

契約内容も無駄がなくなることでしょう。


■契約時 ~親の保険がある場合、それを受け継ぐ~

ほとんどの保険は、長年継続していると有利になります。


仮にA社の保険料がB社より高かったとしても、

親御さんがずっとA社と契約していて、その割引が利くようであれば、

それを引き継げばA社の方が安くなる、というケースは多いのです。


私の知り合いで長年親と同居している人物がいますが、

彼の親御さんが若かった頃から

数十年利用している保険を引き継いでいるため、

保険料はかなり安くなっている、ということです。


■加入中 ~定期的な見直しを行う~


自動車保険は運転者の年齢制限の区分によって、

保険料が変わります。


そのため運転する家族の年齢が上がり、区分が変わった場合には、

それを申請しることによって保険料を安くすることが出来ます。


例えば「20歳以下」は最も保険料が高い区分です。


このため、20歳だった家族が21歳になり、

それより年下の家族がいない場合は、

その保険を「21歳以上」の年齢制限区分に変えるべきです。


これによって、ワンランク安い保険料になるからです。


ゴールド免許の割引については、

契約時に取得しているという条件のことが多いため、

加入している最中にゴールドになったという場合は、

変更できないケースが多いようです。


■満期時 ~一括見積もりを行う~


今の保険に満足していても、一括見積もりは絶対にするべきです。


満期時以外には訪れないチャンスですから、これは有効活用しましょう。


私の知り合いのケースでも、

それまで年間約8万円払っていて、

「まあ、そんなものだろう」と思っていたら、

一括見積もりをして、全く同じ補償内容で、

年間4万円で済む会社が複数見つかり、

驚いたということがありました。


自動車保険の見直しは多くの人が面倒くさがってやりませんが、

簡単な一括見積もりをするだけで全然違うのです。


そのため、これも保険料を払い過ぎないために、

とても重要なことだと言えます。




マイカー購入だと一カ月くらい悩んだあなたも、

自動車保険は一瞬で決めてしまったのではないでしょうか?


「価格.com」なら、

車検証や自動車保険証券、免許証を用意して入力し、

最短5分の無料一括見積もりで、

自分にぴったりの保険が見つかります。


今よりも、ずっと安くて

補償内容が充実した保険に出会えるかもしれません。

なかには無料一括見積りで5万円以上安くなるケースも!


【日本最大級の価格比較サイト「価格.com」がおくる自動車保険比較です!

分かりにくく面倒な自動車保険を最短5分で簡単一発比較!


無料見積もりはコチラ↓↓↓

【価格.com】自動車保険を徹底比較!


powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional