一括見積もり出来る比較サイトで一番安い車の保険を探そう!

自動車保険の保険料を決めるポイント

自動車保険の保険料を決めるポイント



画像の説明

自動車保険の保険料は、加入者の条件によって異なります。

ここでは、保険料を左右するおもなポイントについて!


自動車保険の保険料はどのように算出される?


自動車保険の保険料は、補償内容や金額だけでなく、

どのような人が事故を起こしやすいかを

細かく分析して算出されています。


ここでは、リスク分析に使われ、

保険料を左右するおもなポイントを紹介します。


最適な設計をすることで、保険料が安くなることもあります。


しっかり覚えておきましょう。


保険料を決めるおもなポイント


  • 車のタイプ


軽自動車、普通乗用車、ワゴン車など、

車両の大きさや排気量に合わせて、保険料が変化します。


また、型式によっても事故リスクが区分されており、

保険料は左右されます。


  • 車の使用目的


自動車の使用目的により、保険料は変化します。


車の利用頻度が高いほど事故が起きやすいという考えのもと、

「日常・レジャー」「通勤・通学」「業務」の順で割高になります。


  • ドライバーの年齢


保険の対象となる車をおもに運転する人

(記名被保険者)の年齢と、

保険が適用されるドライバーの年齢条件

(運転者年齢限定)の組み合わせによって、

保険料が変化します。


  • ドライバーの範囲


保険が適用されるドライバーを

「本人のみ」「夫婦のみ」などに限定することで、

保険料を抑えることができます。


  • ノンフリート等級


1等級から20等級までの等級区分により、

保険料が割引き・割増しされます。


初めて自動車保険に加入するときは6等級となり、

1年間事故がなければ1等級上がります。


事故があった場合は、事故の種類によって等級が下がります。



● わずか5分で、12社の保険会社と比較ができます。

この機会に、あなたの自動車保険の見直しをしましょう。


無料一括見積りはこちらから↓↓↓


是非 ご活用下さい!!

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional