一括見積もり出来る比較サイトで一番安い車の保険を探そう!

自動車損害賠償責任保険

自動車損害賠償責任保険



自動車を「運行」の用に供する際に、法律によって加入が義務づけられている自動車保険を強制保険と呼ぶ。


日本においては、自動車損害賠償保障法に基づく自動車損害賠償責任保険が強制保険に相当する。


自動車損害賠償責任保険自賠責保険)においては、自動車(オートバイを含む)、原動機付自転車の運行により他人を死傷させた場合(主として交通事故による)において、その被害者に対し車両の運行供用者が損害賠償の義務を負う場合に、その車両の運行供用者が被る損害(賠償額)を担保する保険(賠償責任保険)である。


任意保険で言う対人賠償保険に相当し、それ以外には保険担保項目が存在しない。


つまり、物的損害に関しては一切保険の適用がない。また、対人賠償には限度額がある。


自賠責保険を契約せずに自動車(オートバイを含む)、原動機付自転車を運行した場合、法律により処罰されるほか、運転免許の行政処分(停止、取消し)の対象となる。


自賠責保険の賠償範囲


  • 障害による損害・・・最高120万円まで

  • 後遺症障害による損害

①神経系統の機能・精神または胸腹部臓器に著しい障害を残す場合は、第1級最高4000万円、第2級最高3000万円

②上記以外の後遺症障害は、第1級最高3000万円~第14級最高75万円


死亡による損害・・・最高3000万円まで

ここでのポイント

自賠責保険は相手に怪我をさせたり、死亡させた時の賠償

・物損事故に対する支払は無い

・同乗者がケガをした場合にも支払われる

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional