一括見積もり出来る比較サイトで一番安い車の保険を探そう!

賠償金はココでもめる

賠償金はココでもめる

自動車事故では、過失割合と損害賠償額をめぐる「揉め事」が、

実に多いです。


よく問題になるのが、古い車にぶつけられてしまった時

この際キーワードとなるのが、「時価額」です。


自動車保険の基本的に賠償金は、「時価額」を限度とすることが、

法律で決められています。


もし、ぶつけた相手が年式の古い車に乗っていて、

その車が20万円の価値しかなくて、

修理代が40万円かかったとしても、

賠償金は自家の上代の20万円までしか出ません。


次に、「もめる」のが、車以外で、

金額算定しにくい賠償しなければならないケースです。


例えば、

他人の愛犬を引いてしまい死なせてしまったら

どうなるのでしょうか?


法律上は、ペットは「人」ではなく、

「モノ」扱いされてしまうので、

自動車保険では、物損事故となり、

飼い主の管理責任に伴う過失割合を考慮した上で、

それに応じた賠償が支払われます。


しかし、やっかいなのが、飼い主にしてみれば、

我が子同然に可愛がっていたペットがひき殺されたにもかかわらず、

「人」ではないため、慰謝料は認められず、

「モノ」としてに時価で、評価されてしまうことです。


この時価の評価は大変むずかしいので、

必ずしも、保険会社の提案額が変わらないということでもないです。


納得がいかない時は、自分で調査をして資料を提出することで、

時価が見直されるケースもあります。


例えば、

もし、自分の車がぶつけられて、

相手の保険会社から低い時価額を示された際に、

インターネットなどを使って、同じ年式、型の車が、

市場でいくらで取引されているかを、調べてみれば良いので、

その結果、正当な根拠が認められれば、

自価格が引き上げられることもあります。



● わずか5分で、12社の保険会社と比較ができます。

この機会に、あなたの自動車保険の見直しをしましょう。


無料一括見積りはこちらから↓↓↓


是非 ご活用下さい!!

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional